鉄棒遊び(運動遊び・放課後等デイサービス)

こどもプラスでは自由時間の時にも、子ども達は鉄棒の上に乗ったりぶら下がったりする事が大好きで良く遊んでいます。鉄棒というと「前回り」「逆上がり」「コウモリ」・・・というイメージを強く持ちますが、鉄棒に触れる経験があまりないとぶら下がるのも「恐怖心や不安感」などで難しくなかなか挑戦できない場合があります。それは、小さいお子さんなら誰にでもよく見られる姿です。まず鉄棒にタッチやくぐるなどの鉄棒に触れ合う事から始めていきます。このように関わっていくことで、鉄棒は「恐くない」「難しくない」というイメージが付いて、後のりんごぶら下がりやおサルさんぶら下がりなどの鉄棒の運動に興味が向き挑戦しやすくなってきます。 

 

 

 

こどもプラスでの運動遊びの時間に鉄棒をするがあります。普段の運動遊びでは「ワニさん」歩きをしているので、自分でぶら下がるための懸垂力が付いています。「りんごぶら下がり」や「おサルぶら下がり」をする時、かなりの時間自分の力だけでぶら下がることができています。ぶら下がりができるようになったので運動の時間ではボールを足で挟んで飛ばす「おサルさんのボール飛ばし」をしました。ぶら下がってボールを飛ばす動作は簡単に見えますが、大きく分けて「ぶら下がる」「ボールを挟む・飛ばす」という同時に別の動きをしなければなりません。ぶら下がりに集中し過ぎると体に力が入りすぎてボールが挟めなかったり、ボールを挟むことに集中し過ぎるとぶら下がりが出来なくなってしまったりとかなり複雑な動きになってきますが、挑戦する意欲や腕の力、腹筋力、背筋力など一つ一つの力が別の運動遊びで育っているので上手にボール飛ばしをしています。

 

 

 

鉄棒がなくてもボールがなくても、座りながら点数が付いたカゴに人形を両足で挟んで飛ばすという遊びも、親子のコミュニケーションに繋り、腹筋背筋など体幹の力が遊びながら養われます。体幹の力がついてくると姿勢の維持がしやすくなり、机での学習姿勢ができてきます。お家でもできる遊びになるのでやってみてはいかがでしょうか?