季節のイベントを楽しむ(放課後等デイサービス)

先日、保護者の方からかぼちゃを頂き、2年ぶりにこどもプラスにジャックオランタンを飾りました。

 

 

 

一緒に作ったのは児童発達支援を利用のAさんです。

 

Aさんは前日に予定の確認をした時からお化けかぼちゃを作ることを楽しみにしていました。

 

かぼちゃを作ることも楽しみにしていたようですが、かぼちゃの中にろうそくを入れて火を灯すことを特に楽しみにしていたようです。

 

 

 

かぼちゃをくりぬく際は下書きをして切ったのですが、小刀で切るのは危ないので職員が行うと、手伝いたがり、職員の腕をもって力を貸してくれました。かぼちゃの中身をスプーンやおたまで削ぐときは歯医者さんになって、注射をするから痛くないよ、と言いながら根気よく最後までお手伝いしてくれました。

 

 

 

出来上がったジャックオランタンに火を灯すと、とても気に入ってお化けになりきり、またごっこ遊びが始まりました。

 

2年前に作ったジャックオランタンを飾ったときはまだ発語も少なかったAさんは今では双方向でごっこ遊びができるほどコミュニケーションがとれるようになり、お家の方ともAさんの成長を話しています。

 

 

 

季節のイベントを楽しみながらお預かりするお子さんたちの成長を感じることができることを嬉しく思います。