避難訓練の実施(放課後等デイサービス)

こどもプラス上田事業所では9月に入って、避難訓練を実施しました。

 

登所の子どもさんたちがまんべんなく参加できるように1週間の期間の中で、下校の遅いお子さんたちにも参加できる時間帯で行いました。今回の避難訓練は地震が起き、火災が発生したと想定し、事業所駐車場で消火訓練、避難場所への移動、非常食の試食をすることにしました。

 

 

 

発達障害の子どもさんは特にこだわりが強いため、地震が起きた際に、警報器に驚いて固まってしまう子がいないか、防災頭巾をいやがって被らない子はだれか、避難場所への移動がスムーズに行えるか、非常食は食べることができるものであるのか事前に知っておくことができる良い機会となりました。

 

 

 

避難訓練実施については事前に期間中運動ができないこと、宿題も下校が遅いお子さんについてはご家庭でできるようにお便りを配布し、子どもたちにも事前に運動の終わりの挨拶で避難訓練を行うことを予告していました。

 

事前予告をした際に、去年避難訓練に参加した子どもさんはしっかりと避難場所を覚えていました。

 

訓練初日は学校休業日でした。実際に避難訓練を行うと、Aさんは非常食が入った重いリュックを持ってくれました。Bさんは低学年のCさんとしっかり手を繋ぎ歩くことができました。Dさんも訓練中は静かに黙々と避難場所へ移動して歩くことができました。

 

 

 

歩きながら、地震が起きた場合はこの道は危なくないか、などを話して行くことができました。避難場所へ着いて非常食を食べてみると、クラッカーやビスケット類は思った通り美味しく食べることができ、缶詰めのパン、ご飯なども食べることができないお子さんはいなく、一通り食べることができました。

 

 

 

帰りは時間の都合上、車で帰る子どもさん、歩いて帰る子どもさんと分かれました。普段から歩きなれた道でも、地震で家屋が崩壊して通ることができなかった場合など、なるべく広い道を通るようにすることや、洪水で避難する場合は避難場所が変わるというパターンも想定して実施する必要があると感じました。

 

 

 

子どもさんたちを安全にお預かりするために、定期的に実施していきます。