ジグザグ走り(運動あそび)

運動遊びの中で、縄を2本肩幅より少し広めにジグザクになるように置き、縄を踏み、はみ出さない様に走り向ける遊びがあります。

 

これは、よく転びやすいお子さんや躓きやすいお子さんにお勧めの遊びです。

 

縄をしっかりと見る力がつき、踏み、はみ出さないようにすることで足元に意識が向きやすくなります。そして「次に踏み出すにはどうしたらいいのか?」という先を見通す力が必要になってきます。

 

複数の動作を同時にするため、簡単に見えて意外と難しいものです。初めて行う場合は「縄はまっすぐにおく」「歩いて進む」など段階は小さく分けて挑戦すると難しいというイメージも付かずに楽しく遊べるかと思います。

 

この遊びが上手になると、走っている進行方向の所に何かが横切ったりしてきても、方向を変えて避けることや、ぶつかる前に止まることができるようになります。

 

 これを行っていると、ADHDのお子さんなど、動と静の切り替えが上手になってきます。

 

こどもプラスで運動の時間に行う時、軽々やってしまう子もいれば、真剣な顔で走り抜ける子もいて、様々ですが皆縄を「踏まない」「越さない」ようにするスリリングさを楽しんで遊んでいます。

 

今後のみんなの成長が楽しみです。