7月の職員研修(放課後等デイサービス)

7月の職員研修は上田市中央消防署の方をお迎えして、救急法の講習会を行いました。こどもプラス上田事業所での救急法の講習会は今回で2回目となり、昨年から年に1回、夏休みに入る前に行うということで研修計画に組んでいます。

 

 

 

また、今年度からこどもプラス上田事業所にも、AEDを設置しています。万一に備え、レンタルをしたAEDの機種に合わせて、同機種の練習用で使い方の確認を行いました。

 

 

 

 上田事業所のスタッフはほとんど昨年にも講習を受けていました。今回、救命処置(心肺蘇生法)とAEDの使用の仕方の実技講習を受けたのですが、昨年に教えて頂いたことの中で、この場合はどうだったのか、と具体的なことも聞くことができましたし、汗をかきながら心臓マッサージや、人工呼吸を行って改めて心肺蘇生の大変さを体感することができました。

 

 

 

 講習後は午後の研修でハチにさされた場合、熱中症になってしまった場合、骨折をした場合などの処置の仕方についても研修を行いました。

 

 

 

 夏休み中には利用の子どもたちを連れて遊具のある公園へ出かけたり、所外活動やイベントをおこなったりしています。子どもたちが安全に過ごすことはもちろんですが、何かあったときの処置の仕方を再確認すると共に、改めて安全に過ごすことのできるように職員が配慮し、大きな怪我がなく過ごせるようにしていきます。