ハスのフェスタ3 (放課後等デイサービス)

ハスのフェスタの報告です。

 

 

 

当日はこどもプラス利用の子どもさんは、3名参加しました。

 

プレジョブの会の方たちのご協力のもと、販売を開始してからすぐに売れました。中心に販売をしてくれる予定だったAくん、Bさんは「しょうぐうさん」というゆるキャラについて、歩く係りになってしまったので、販売の場所についてくれたのは、商品を意欲的にたくさん作って、この日を楽しみにしていてくれたCくんでした。

 

ハスのフェスタのイベントで、さまざまな催しが行われる中、Cくんに、「みんな見に行っているので(催しを)見てきてもいいよ」と声をかけて少しその場を離れると、しばらくして「販売に戻らなくちゃいけないよね。」と言って、職員が「ほかの人がお客さんの対応をしてくれるから大丈夫だよ。」と声をかけても、販売の様子が気になり、すぐに戻りました。

 

Cくんのお仕事は、袋詰め、お金の受け渡しです。たくさんのお客さんの対応をしてくれました。 こどもプラス利用のDくんも、販売の場に来てくれ、「売れている?」と声をかけてくれました。こどもプラス職員も数名来て買ってくれました。

 

 

 

 休憩でAくんが戻ってくると、お客さんへの声かけが上手でびっくりしました。「これは、今僕が首にかけているネックレスになります。キーホルダーにも、ブレスレットにもなるので、おうちで紐をつけてください。」「こっちのサシェはラベンダーの香りがします。見本のにおいを嗅いでみてください。」「こっちのブローチもバッグにつけても、ここにつけても・・・」と言葉巧みに接客をしてくれました。

 

Bさんが作ったヘアゴムはすぐに売り切れました。

 

 

 

本当に良い経験をさせて頂くことができました。自分たちが商品を作ること、作った商品を売ること、売ったお金を確認すること、お客さんに対応すること。特に、Cくんにとってははじめての職業体験ができ、今後プレジョブに興味を持つ良いきっかけにもなったと思います。

 

 こどもプラス利用の子どもさんたちへの声かけが足りず、中には機会を逃してしまった、と話すご家庭もありました。機会をいただけるのであれば、また来年も出品させて頂き、参加できなかった子供さんたちも来年は参加出来れば良いと思っています。