ハスのフェスタ1(放課後等デイサービス)

こどもプラスの放課後等デイサービスを利用の子供さんの中にはプレジョブという活動に参加している子供さんがいます。

 

以前、学校休業日にプレジョブの見学をさせてもらう機会がありましたが、今月に入ってプレジョブを行っているAくんのおうちの保護者の方からこどもプラスに依頼を受けました。依頼の内容というのが、7月に信濃国分寺で行われるイベントで出店をするにあたってその中で出品の作品をこどもプラスで作ってほしいというものでした。

 

 

 

こどもプラスでは、日ごろから興味のある子供さんには自由に工作ができるように季節のイベント工作を行うほか、廃材を活用して作りたいものを自由に作れるようにあらかじめ材料を用意しています。

 

 

 

Bさんは普段から活発なお子さんです。運動神経がよく、色々な子供さんと仲良く遊ぶことができるAさんは、バレンタインデーやクリスマスなどのイベントになると、クッキーやチョコを作って持ってきてくれます。こどもプラスでは、とくに女の子がすきそうなシリコンホイップで作るケーキのマグネットや、スノードーム、アロマキャンドルなども作りたいと、率先して作ってくれました。

 

そんなAさんに今回の出品の話をすると、「うん、これ売る!」とやる気満々でした。

 

 

 

今回出品するに当たって、ラベンダーのサシェを作ろうということになりました。フェルトを使って作るもののほかにミシンを使って作るパターンを考えていたところへ、工作がすきなCくんがきて、「ぼく、ミシンに興味がある。」といいました。自分が持っているポシェット型のハンカチケースが作ってみたいとのことで早

 

速作ってみることにしました。試作品としてCくんが作ったものはCくんがつけると、みんなに見せて回って「ぼく、ミシンやさんになります!」と得意げでした。

 

 

 

ごっこ遊びでもお店屋さんを大々的にやってみたいと思っていたところへ、とてもよい機会をいただくことができました。まだ製作の期間も十分にあるので少しずつ子供さんたちに寄添いながら試作していきたいと思っています。職員も子供さんたちも今から7月のイベントを楽しみにしています。