春休みの利用の様子(放課後等デイサービス)

春休み中、毎日午前中だけプラスを利用するAくんと何日か一緒に関わった日のことです。Aくんとは以前、何回かアニメを描く仲間としてアニメの登場人物を描いたり、物語について話したり、絵を通してのコミュニケーションをとったことがありました。今回のAくんはプラスに来て決められた宿題を済ませると自由時間の中でAくんいわく、Aくんワールド)自分がゲームを作るとしたらということで物語を考えるので、聞いてくれと語り始めました。伝説物で色んな名前の人物を登場させ、何をしたら次に進め、何が手に入るのか、どんな敵にどんな風に出会ってしまうのか、どうしたら主人公が成長していくか、どこで音楽を入れるのか、事細かに語ってくれるのです。それを聞いている職員も始めは登場 する人物の名前を忘れないようにメモをとっていたのですが、だんだん話に引き込まれ自分の頭の中で物語の情景が浮かび真剣にメモをとっていました。最後は、本当にゲームが出来るのではと思わせるほど毎日のAくんとの会話は弾み楽しく聞いていました。

 

そんな日々のもうひとつのAくんとの関わりが話の途中の一休み?として、色んな運動遊びをしたことです。

 

サッカーをしたり、バランスボールで色んな動きをして職員のためのダイエット運動を考えてくれたり、時には公園に行って散歩をしながら物語を考えて話してくれたり何かを頼んだあとは必ず「ありがとうございす」と返ってくる言葉を聞いたり、長い休みを通して色んな姿が見ることができ、色んな関わりが持てたことは良かったと思いました。

 

 

新学期が始まりました。これからも子どもたちと寄り添い支援していきます。