安全にお散歩をするために(放課後等デイサービス)

 こどもプラス上田事業所の近くには史跡公園や、信濃国分寺、信濃国分寺駅、小牧グラウンドなど、気軽にお散歩へ出かける場所がたくさんあります。

 

 その中でも信濃国分寺駅へは電車が好きな子供さんがたくさんいるため、駅構内へ電車の時刻表をもらいに行ったり、春休みには電車を使って登所する子のお迎えに行ったりと、何度かお邪魔させていただくこともありました。

 

 

 

 公共の施設の利用の仕方やマナーを学ぶため、祝日は電車を利用して移動したり、公共の施設を利用したりすることもあります。しかし日ごろから散歩の中で、道路の歩き方や、踏み切り付近で電車を見る場合などを見返してみると危ないと感じることも多々あり、視覚支援として、写真を撮って電車を見ていい場所を再確認するようにしました。

 

 

 

 Aさんは登所してから、ほかの子供さんの影響からか電車が好きになった子供さんで、こどもプラスの利用がない日にもお休みにはこどもプラス近くの踏切まで来て電車を見ているようです。

 

 

 

 電車を見ていい場所、いけない場所、事業所から電車の音が聞こえても飛び出していかないように事業所内で一度立ち止まる場所などを、写真と実際の場所を見ながら確認しました。

 

 こどもプラスではお散歩などで外出の際、必ず職員が付き添います。つく職員がいること、目的地を伝えること、その後の予定など(お迎えが来る時間までに帰ってくることができるかなど)確認してから出かけるようにしています。

 

 

 

 どの職員にも共通して周知し、公共の交通ルールを学んで安全にお散歩ができるようにしていきます。