大きな行事が終わって(放課後等デイサービス)

新学期が始まり早々、小学生は運動会・音楽会、中学生は文化祭への参加と、それぞれの学年の子供さんにとっては忙しい毎日が続きました。

放課後等デイサービスを利用している子供さんの中でも毎日のストレスは大変だったのではないでしょうか。

こどもプラスでの様子を見ているとAさんの場合は気持ちが沈んでいたり、Bさんはいつもよりテンションが高かったり、Cさんは感情を抑えられずすぐ怒ってしまったり、送迎の車内で疲れ果てて寝てしまったり、様々な変化がありました。

 

そんな中、子供さんの気持ちを落ち着かせることができたらと、場を分けて刺激を減らすことはもちろん色々な新しい事を考え、子供さんの興味に寄り添って職員も一緒に取り組み、楽しい時間を過ごすことを支援してみました。

 すると、何人かの子供さんは樹脂を使ったハンドメイドキッドでミニチュアのデコレーションケーキ作りに夢中になり、いくつも作って家に持ち帰っていました。

他にも好きなアニメの登場人物を書き写し、プラバンを作ってキーホルダーにしたり、工具を使っての物作りを真剣に取り組むといったそれぞれの個性を生かした素晴らしい作品ができていました。

その姿に職員もこどもプラスに来てこの一瞬だけでも思い切り好きな事ができ、子供さんの気持ちや心がいやされればいいなと思いながら見守っていました。

 

 今は学校の大きな行事も終わり、落ち着きを取り戻しつつあります。

これからも、学習面・運動面・みんなと楽しむ自由遊びにと、色々な事に、失敗も経験しながら挑戦していけるように支援していきたいと思います。