安全にお預かりするための職員研修

先日、職員研修で救急救命講習と、交通安講習を事業所内で行いました。

日頃子供さん達に関わり送迎する職員として、安全にお預かりすることができるように、また、万一子供さんが緊急な事故に遭遇した場合に備えて長野県上田市中央消防署の方、長野県上田警察署の方に来ていただきました。

 

改めて、講習を受けてみると、安全に過ごすことの大切さを知るとともに、突然の事態に遭遇した時に対処することのむずかしさを実感しました。講習の中では、人口呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)や心肺蘇生法を習いました。実際に受講してみて知らなかったことや、再確認できたこともありました。

 

子供さんをお預かりする職員として、日頃から講習を受けたり万一に備えてAEDのある場所の確認をしたり、シュミレーションをしておくことの必要性を感じました。

 

これから夏休みに入り、様々な事業所内イベントも考えています。子供さんを安全にお預かり出来るように、職員も気を引き締めて、子供達と過ごしていきます。