雨の日の散歩(児童発達支援)

小雨が降っていた日です。

児童発達支援を利用のAさんは、いつも午前のお散歩では、物足りなかったのでしょう、お昼を食べ終わると、室内遊びを進めたのですが、近くの神社までという約束で出かけることになりました。

 

 傘をさして歩いていると、マリーゴールドの花をみつけたと思ったら、その葉の中にいた、カマキリの赤ちゃんも見つけたのです。職員の目には止まらない程、葉の色と同化していたカマキリの赤ちゃんを。そして神社に着くと水たまりを見つけ、泥んこ遊びをしたり、靴のまま水の中に入ってみたり、小雨の中でも色々な遊びを見つけていました。

 

 Aさんは普段のお散歩でも、何かを見つけるのが得意です。それがきれいな色のガラスだったり、石だったり、ありさんの巣だったり、チョウチョだったりと、目を輝かせて歩いています。その姿に職員も思わず引き込まれ、わくわくしながら一緒に探しています。

 

 これからも自然の中を思い切り楽しんでいる子供さんの成長を、傍で支援していきます。