天候に左右される(放課後等デイサービス)

 梅雨らしく雨の日が続きました。
雨となると、小さい子供さんをお持ちの親御さんにとっては、外遊びができなかったり、外出も控えたりする事にもなり、「雨」は、嫌なイメージが強いかと思います。特に発達障害の子供さんの中には不安定な天気の際は気持ちも天気に左右されることがあります。

 

しかし、午前中から、利用の子供さんを見ていますと、傘をさしてきたり、カッパを着てきたり、長靴を履いてきたりと雨の日は雨の日でとても楽しんでいるように思いました。

 雨の日に出会ったカタツムリを大切にしたり、カタツムリをみると、でーんでーん、むーしむーしと歌いだしたりします。

 また、水溜まりに入って ピチャッピチャッと水の音や水が跳ねるのを楽しんだり、傘をさしながら、あめ あめ ふれふれ かぁさんがーと歌いながら、スキップを楽しむ子供さんもいます。

 濡れて冷たいから脱いで着替えると自分から訴える事もあり、体全体で雨を感じ、自然とその時々に合った歌や言葉で表現するので、新しい発見や成長をたくさん感じることができました。

 

 これからも、天気に左右されながらも、この時期にしかできないことや感じることがしかできないことを大切にしていきたいと思います。
 
また、その時に発した子供さんの言葉や表現を共感できるように寄り添っていきたいと思います。