人気の運動遊び「長剣」(放課後等デイサービス)

事業所の日課の中に運動遊びの時間があります。その日によって行う運動遊びの種
類は違いますが、こどもによって好きな運動遊びがあります。

 その一つが通称「長剣」です。「長剣」とは、長縄の両端を職員が持ちます。その
長縄を伸ばして床につく状態にして、職員がプレイルームの端から端へと動きます。
こども達はその長縄にあたらないように跳び越えます。スムーズにできるようになったら、長縄を動かすスピードを速めたり、「下」「ちょっと下」「真ん中」「上」と職員が言いながら動かしたり「へび長剣」と言ってグニャグニャに動かします。それ
に合わせてこども達はジャンプしたり縄をまたいだり、しゃがんだり寝転がったりします。簡単な遊びのようですが、ジャンプ力・集中力・判断力がつきます。長縄を動かすスピードを速めると、子どもたちの反応速度も増して興奮して盛り上がる遊びで
す。

 長剣が大好きなAさんは、運動遊びの時間になると指導をする職員のところに行き、長剣をすることをリクエストします。他の運動遊びの時には少し興味が無いような態度の時もありますが、長剣になると楽しそうに自分から入ってきます。

 最近通所を始めたBくんは、運動遊びに参加する場面がまだ少ないのですが、長剣になると自分から入ってきて喜々として縄を跳び越えていました。その続きで運動遊びの終わりのあいさつもできました。

 これからもこども達が興味のある運動遊びを取り入れながら、楽しく参加できるように支援していきたいと思います。