「やりたくない」という言葉の裏側(放課後等デイサービス)

こどもプラスで行う運動遊びの中で、じゃんけんのグーチョキパーで様々なバリエーションの運動遊びがあります。

 

 座ったまま、手だけで職員の真似をするグーチョキパー、そこに足も一緒につけるもの、また、グーとパーを手足交互に座って出すもの、立ってジャンプしながらグーパーととんで行くもの、2本のラインをまたいで跳んでグーチョキパーと跳んでいくもの、クマさん歩きで足をグーチョキパーと跳んでいくものなどがあります。

 

 一見簡単そうに見えますが、発達障害の子供さんの中にはこの手と足の協応の動きが難しい子供さんもいます。コミュニケーション力が高く、普段なんでもこなす事ができる子供さんも、このグーチョキパーの運動が難しかったようで、運動の途中であきらめてしまいました。

また、やる前から難しいと言って見学をしている子供さんもいます。

 

学校生活の中でもある程度運動の脳力が高く、色々なことができる子どもさんでも、頭で考えて動いたり、何かをしながら他の動作をするなど協応のある運動が苦手で、つい「簡単だからやりたくない。」など、プライドの高い子供さんは言ってしまうかもしれません。しかし、実は「難しいから出来ないけれど、出来ないことを言いたくない」というケースが発達障害の子供さん達には多いように思います。

 

「やりたくない。」という言葉の裏側に「出来ない」という自信のなさがあることを子供に関わる職員である私達は理解してあげようと思います。また、少しずつ、《どうしてやらないのか》理由を伝えることができるようにして行くことや、完璧にできなくても練習して出来るようにして行くということも学んでいってほしいと思っています。