日々の成長(放課後等デイサービス)

春休みも終わり、新年度がいよいよ始まりこどもプラスにも新しく子供さんが3人増え、賑やかになりました。

 

ある日、新入所の子供さんを含め運動の時間に、嬉しい出来事が2つありました。


 その時に行っていた運動は、ゴムひもをロープに見立て、2本平行に設置したところを

足を閉じたり開いたりして渡る運動や、ロープの上を綱渡りのように歩いていく運動をしていました。

みんな順番に運動をしていく中で、その子供さんの番になりました。


普段から年下の子供さんの面倒をよく見てくれるM君ですが、この日もその子供さんの所へ行き、やさしく手を取りとても丁寧に運動を11つ教えてくれていました。

いつもなら、職員が初めての子供さんや、運動を苦手とする子供さんには側に付いてサポートをするのですが、この日は、職員がサポートする前に、職員同様に新しく加わった子供さんたちをMくんがサポートしてくれていました。とても嬉しい行動で、微笑ましい場面でした。

Mくんがまた一歩、成長してお兄さんになったなぁと改めて感じました。


 2つ目の嬉しい出来事は、運動の中で、ジャンプをする運動があります。B君はこのジャンプを苦手としていたのですが、日々の運動で色んな事に自らチャレンジをしているB君は、ジャンプができるようになったのです。B君の努力の成果でした。みんな嬉しくて、手を叩いて喜びました。

運動の時間は、みんなが一体となれる時間で、楽しみながら運動を行っています。成長もよく感じられます。


これからも日々成長していく子供さんの姿を見守っていきたいです。