児童発達支援・放課後等デイサービスの定員について

 こどもプラスを利用の子供さん達には毎月登所の予定表をお配りしています。

 3月の登所は前月の2月20日までに回収し、そこから送迎の子供さんや人数によって職員配置を決定しています。

 3月は上田地区の学校のほとんどが18日に終業式、19日に卒業式となり、20日からいよいよ春休みとなります。

 こどもプラスでは児童発達支援と放課後等デイサービスの2事業を1日で行っているため、定員は1日で2事業合わせて10名となっています。

 

 平日は固定でサービス計画上、ほとんどが決められた曜日で登所するのですが、(時には支援会議などの都合上、他の曜日に利用になることもありますが)春休みなどの長期休業は、普段の曜日以外でも利用の希望があるため、休み中はほぼ定員いっぱいとなりました。

 

 改めて思えば、去年の春休みは登録利用者も5名ほどで開所したばかりのこどもプラスの春休みは長く感じたものでした。それに比べ前回の長期休業であった夏休みはあっという間に終わってしまったような気がします。

 

 人数が増えればそれだけ関わりも増え、刺激が増え、コミュニケーションの機会が増え、時にはストレスも増えます。

 今度の春休みも休み中にイベントをしたいと考えていますが、子供達の関わりがどのように変化していくのかも楽しみです。