新しい運動への取り組み

 最近こどもプラスでは新しい運動を取り入れています。

 最初はボールを交互に転がしたりバウンドさせたりしてその間を壁から壁へ駆け抜けて行くだけでしたが、ゴム紐を跳ぶようにしたり次はトランポリンを置いてジャンプするようにしたりだんだんと仕掛けを増やしていきます。

 

 発達障害の子供さんは急な状況の変化が受け入れることが出来ない場合があるので、一気に増やさず一つ一つ「次は○○を入れるよ」と伝えながら行うように配慮しています。

 スピードも、低速・中速・高速と、その子が自分で選んで決めるようにします。

 運動が得意な子供さんは「もっと早くして!」とレベルをあげたり、ある子供さんは低速から始めて中速にしたりと、自分のペースに合わせてやって行くうちに夢中になって取り組んでいました。

 

 うまく出来なかったり、失敗するのがこわくて、入ってこられないときには職員もチャレンジして失敗して見せることで「失敗しても大丈夫、うまくできなくてもチャレンジしてみよう。」と思えるよう気をつけています。

 うまくできることよりも、身体を動かすことを楽しめる運動遊びを考えています。