新年度のスタート!放課後デイには朝から元気いっぱい!

学校も新年度がスタートしました。

 

長期休業のための、放課後等デイサービスでの午前中からのお預かりも今日で終わりです。

 

地元の大多数の小中学校は今日が始業式でした。「みんな元気に新年度のスタートを迎えられたかな?」と思いをはせつつ、登所してくれたお子さんとじっくり関わることができた一日でした。

 

小さなお子さんもそうですが、障がいをお持ちのお子さんは、早くて複雑な活動はわかりずらいのです。また、発達障害のお子さんは活動の切り替えの場面が苦手です。

 

鬼ごっこで逃げる時は喜んでいても、タッチされて追いかける側に変わったとたんに泣き出してしまうお子さんもいると聞きます。

 

 

 

今日は追いかけ遊びに今はまっているお子さんと、その子のペースで鬼ごっこをすることができました。

 

最近「待てー」と言ってはお友達と一緒に走り回る姿が多く見られてきていました。

 

「待てー」はいつも職員が発する言葉で、鬼になって追いかけるときに言っています。

 

オウム返しに「待てー」と自分で言っては逃げていき、人に追いかけてもらうことが大好きなお子さんです。

 

 

二週間程前には、大好きなピノキオのお話に入り込んで、クジラ役の職員が「ピノキオとおじいさんが船をこいでいると、大きなクジラがやってきました。」と言ってクジラにみたてた布をぱくぱくさせると付き添っている職員と一緒に「逃げろー」と大はしゃぎで走り回っていました。

 

 

ひたすら逃げて追いかけてもらうばかりの遊びでしたが、なんと今日は追いかけ役の職員にタッチされると、追いかけてきてタッチしてくれました。

 

場面の切り替えをうまいことやっていたのです。

 

お友達が大勢いるときははじめは参加するのですが、早いペースに入りきれず、途中で輪の中から離れて遠巻きにみていることもありました。

 

とても嬉しかった瞬間です。

 

 

 

柳澤弘樹プロフィールこどもプラス代表取締役社長
長野県上田市の行政書士 放課後等デイサービスの開所手続き
新規開設 放課後等デイサービス 長野県

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。