小さな成功体験で前頭前野を刺激する、長野県の放課後等デイサービスこどもプラス

こんにちは。長野県上田市で発達障害や障害を抱える子供さんに療育訓練や言語指導、運動遊びを提供する放課後等デイサービスです。

 

発達を促す遊びとして柳沢運動プログラムの中から、ジャンプ遊びについてお伝えします。

 

今日の運動遊びでは大縄とびとゴムジャンプを行っています。大縄とびは脳を鍛えるという意味でもおすすめの遊びです。

 

大縄跳びでは一定のリズムをとるために腕を振りながら連続でジャンプする力が必要になります。

 

一定のタイミングを維持するには、脳の前頭前野を使ってタイミングを図ります。また、回ってくる縄を待つ抑制力も育つでしょう。

 

 

 ゴムジャンプではゴムを蛙飛びで飛び越えるという運動遊びを行っています。

 

これは跳び箱や側転ができるようになるための前段階となります。手を床につけてから足を地面からけりあげるという動作を順番に行うことが必要です。

 

 

 今日の運動遊びを行ったお子さんは、

「これができれば跳び箱が飛べるよ」

 

「側転ができるようになるよ」

 

と声をかけてあげると、「もっとやってみたい!」

と何度も取り組んでくれました。

(運動は発達段階に応じて行っています。)

 

 

このように、私たちは小さな成功体験ができるような運動遊びを療育的な運動支援として提供しています。

 

 

 

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動能力を高めるためではなく、生活面で効果のある動きを獲得するために、積極的に粗大運動を取り入れ、微細運動の獲得、

 

そして、感情のコントロール力を獲得することを運動遊びの中で獲得することを目的に運動を実施しています。

 

 

発達障害(ADHD、自閉症、学習障害)やダウン症の子供さんは、一度、見学にいらっしゃいませんか?

 

お問合せいただければ、専門の指導員や訓練員がご相談にのらせていただきます。

 

電話番号はコチラ!

 

 

 

長野県長野市の放課後等デイサービス開所の手続き問い合わせ
長野県長野市の放課後等デイサービスの電話番号
こどもプラス運動保育士会 放課後等デイサービスへメールでのお問合せ