リズミカルなジャンプが落ち着くという発達障害の子供さんもいますね

障害児のリズミカルな跳躍運動 療育活動 指導案

 

今日の運動ではウサギジャンプで輪の中や、バネスの上をリズムに合わせて跳んでいく運動遊びを行いました。

 

 この運動遊びでは一定のリズムで動くことによりリズム感を養います。また、不規則な方向へ連続的なジャンプをすることで上半身と下半身の連動性を養うことができます。

 

 

発達障害をもつ子供さんの中には、こうしたジャンプをすると片足ずつで着地をしてしまったり、リズムに乗り切れず、指定された場所からはみ出てしまったりすることもあります。

 

 

 写真のお子さんはリズミカルに高く跳び、両足着地も出来ており、みんなのお手本となってくれました。

 

 

障害を抱えている子供さんでも、一歩ずつ確実に成長しています。その子供の発達段階にあった療育を提供するのが、こどもプラス上田教室です。

 

身体の育ちと心の育ちを意識した総合的なプログラムを提供しています。

 

 

見学、ご相談は随時、お受けしておりますのでお問合せください。

 

こどもプラス 上田教室

 

代表 柳澤弘樹

 

 

リズミカルな定常運動と発達障害のジャンプの様子
お問合せ発達障害のリズミカルな療育活動

発達障害の子供で自閉症の子供にジャンプやゆらゆら運動が心を落ち着かせる
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。